アサシンがやれる事
とあるアサシンの落書き帳(コメント承認制なのでこちらでお断りするコメントもあります)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中二病患者が考えてみた
はい、中二病患者です

書いた中身は意味不明でつ(つД`)ノ
進化を、変革を、拡大する宇宙
人はその変革に対応できるのだろうか
意識が、拡大する
それは何をもって拡大と言うのか
今の宇宙には対応できてるとしても
これからの宇宙には対応できるのだろうか
ニュータイプ、進化なのか退化なのか
科学で段階的に対応している現状
それに適応できる能力を有している現代人
過去に神話を作り、崇拝していた人達とどう違うのか
環境に適応し大気を破壊していなかった過去の人達の方が限定的には優れているのかもしれない、と言う見方もできる
ならば今世界を変える、破壊する現代人の私達は退化しているのかもしれない
楽だから、便利だから、科学的に心理を求めて
このまま進むと一つの終焉が待っている
世界の破壊と言う科学の終焉
宇宙の何処かに存在するかも知れない、我等の世界と同じ様な星を
そこに捌け口を見出し延命を求めるか
我等はより便利になったから、相互理解が出来る今この時代から世界を救おうとしなければ絶滅しか待っていない
人と同じく自己矛盾を持ち終焉を迎えるか
世界はもっと違う終焉を待っているのか
今の私は人間と世界はどちらなのかわからない
だが今、破壊から抜け出す科学の発展や発見から生まれる可能性の世界、それは宇宙としては進化と拡大を続ける唯一の希望
出来なければ退化していたと後の人類が気付く、何をしてももう助からないのだと
それでも宇宙は広がるのだろうか、それとも一転し収縮を始めるのか
人が体現している始まりと終わりと同じような世界が待っているのか
今の私は人が理解し変わるように同じく宇宙の法則が変わる時が来るのか意固地に変わらないのかわからない
今が分岐点なのかも知れない、宇宙の未来は過去と今が決める事だから、人と同じく
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 2005 アサシンがやれる事. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。