FC2ブログ
アサシンがやれる事
とあるアサシンの落書き帳(コメント承認制なのでこちらでお断りするコメントもあります)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貴方が紡ぐ物語:チップな世界
マトリックスみたいな世界



データ化された新しい人類
最初にスロットと呼ばれるその人の基礎性格情報構築がなされる、スロットには基本的には傾向がある
死亡したら新しくスロットにアカデミークラスと呼ばれる人格情報構築(=学校での勉強)が行われる
英雄もここから生まれる、同じスロットから
アカデミークラスでは死亡した時間によってクラスメイトが変わる為に同じスロットでも前回とは対人交流が多少異なる為に人格(基礎性格情報)が構築される為に人格に無限性をもたらす魔法の装置と製作時には呼ばれていた
アカデミークラスを卒業するまでは限られた世界で、卒業したら開放された世界へ解き放たれる
アカデミークラスでは特定の対人関係だったが、卒業したら住所を与えられ散り散りに分散される
開放された世界は膨大な数の人間が居てほぼ二度と会えないと思われる
実はスロットを開発した人間はスロットを管理する人類も創作し、スロットの中の人間と外の人間の世界が創造された
外の人類はスロットにチップ(無限性の元である性格情報)を加える又は抜く役目を与えられている
スロットの中の人間の方が膨大な数の人類が居る
データ化された人類の方は国家間の戦争を絶え間なく行っている為に稀に同じチップで二代目を迎える人間も居た
ほぼ同じ様なアカデミークラスのメンツ、ほぼ同じ様な世界へ、ほぼ同じ様な役割を与えられる
それ故に何かを悟った様な天才や英雄が生まれる
外側の人間と内側の人間、悲しいかなほぼ同じ世界が出来ている、人数は違うけれども
開放された人間はアカデミークラスでの事は思い出せない為に無限性を発揮していると言われている、今の私達の様に
アカデミークラスでの対応力が自我の目覚めの時に役立つ様にできている

チップな世界を作ったオリジナルは既に地球を離れている
オリジナルは並行宇宙であるパラレルワールドを順次移行している、目覚めはパラレルワールドであるが起動したと自分で理解できている
パラレルワールドと言っても友人の親の名前が微妙に違うくらいしか違わない
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 2005 アサシンがやれる事. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。